読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどものせかいはやわらかい

 自らを省みるに、子どもの頃の世界というのは柔らかくて曖昧な世界だったな、と思う。

 よく、痛いことの代名詞として言われる中二病があるけれど、私も御多分に洩れず中二病だったな、と思う。と言うよりも、中学二年生くらいだった頃はまだ世界が固まりきっていなかったな、と思うのだ。

 例えば、霊能力があるという友人の言葉を半分くらいは真に受けていた。そんなものはないと大人たちは言うけれど、でも本当はあるんじゃないか、って真剣に考えていた。そして同時に不安にもなっていた。「どこまでが本当の世界かわからない」と。そうした不安というかある種の恐怖は、経験が足りないゆえに世界の境界が曖昧だったからこそ感じるものだったのだろうと思う。

 それと同時に中二病っていうのは、大人になって振り返ればなんでそんなものを信じた言動をしてたのかわからなくってただひたすらに自分を痛く感じるけれども、でも当時のことを真剣に思いだしてみると、自分の世界の境界が曖昧で、その分超能力から異世界やとにかく自分はすごいという全能感などといったありとあらゆる可能性を世界に感じることができていた時間なのではないのかな、と思うのだ。

 世界に対する恐怖と全能感、全く違うベクトルのこれらは、しかしその源は世界の境界の曖昧さというもので同一であると考える。世界が曖昧だからこそ、怖い。世界が曖昧だからこそ、なんでもできる気がする。

 今、子どもの頃よりは長い時間を生きてきていると、経験が世界の境界を固めたのだと思う。霊能力はない。そんなものを経験したことがないから。自分はすごい人間じゃない。そんな大した経験は積んでいないから。でもその分、世界はくっきりと安定している。

 私は時間が過ぎ経験を積むことにより、曖昧で良くも悪くもあらゆる可能性があった世界の境界を固め、可能性は狭まったけれども安定はしている世界を手に入れた。

 それが良かったのか悪かったのかはわからない。

 けれども、ここに来るまでに曖昧な世界を通る必要は確実にあった。あの頃世界の境界がわからなかった自分は、とても不安定で、でも可能性に満ちていた。それはきっと幸せな子ども時代の一つの形でもあったのだと思う。

FGOにはまった

 という勢いでいろいろ描いております。二次創作とか本当に久々なんですけれど、他の人が完成させたキャラを描く、というのが楽しいです。やはりキャラが完成されている分、自分の一次創作よりも絵の完成度が上がっている気がして。

 もっといろいろ描いて、もっといろいろ吸収したいなー、と思う次第です。

【TYPE-MOON】「新宿ジャンヌオルタ」イラスト/禎波ハヅキ(KZE) [pixiv]

【Fate/GrandOrder】「寝ころびマシュ」イラスト/禎波ハヅキ(KZE) [pixiv]

ふわふわは幸せだと信じて

 今日、街を歩いていて何かが視界に入った。

 白くて、ふわふわで、風に煽られながら舞っている何か。

 それをつかむことができるだろうかと手を伸ばしてみたら、ちゃんとつかむことができた。

 それはよく見ると、ホコリのように細かく何十本にも割かれたナイロンひもの切れっぱしで、どこかの工事現場などから飛んできたのだろうかと思いながらも、よくこんな空を舞うような状態になって飛んできたものだと感心してしまった。

 この、軽くて白くてフワフワしたナイロンひもから、私はなんとなく幸せを連想した。幸せのケセランパサランとはこういうもののことを言うのではないかと。

 そして、それをまた風に任せて手放した。白くてフワフワしたそれは、強めの風に乗ってすぐに見えなくなってしまった。

 それをつかむことができた私は幸運なのだと信じよう。私が手放したそれが、また誰かのところに幸運のしるしとして訪れることを祈ろう。

 それが本当の幸運のしるしとなるように、私の歩む道を選ぼう。

物語を空間で把握する

 ゲーマー世代の人は、『一本道のストーリー』という用語を口にすることがある。もちろん褒め言葉ではなく、たった一つのシナリオを延々と見せられている場合などに用いられる。

 ゲームには、物語が分岐したりするインタラクティブ性があり、それが当たり前になってしまった世代には、ゲームにおいて『一本道のストーリー』しかないのであったら、それはマイナスの印象なのだ。

 では、『一本道のストーリー』の逆の用語はなんだろうか?それはおそらく、『広がりのあるストーリー』だろう。一本道という一次元から、広がりという二次元に拡張されたのだ。

 つまりゲーマー世代は、物語を空間的に把握する能力がある、と推察できないだろうか?

 メインストーリーがあり、サブストーリーが幾つか並列にあり、最終的にサブストーリーがメインストーリーに合流する、といったことを空間的に考え、把握しているのではないかという話だ。

 普通はこれは難しい。けれどもゲーム内シナリオの場合、イベントが起こる場所とストーリーの舞台は大抵一致しているので、ここには〇〇のシナリオがあり、こっちには△△のシナリオがあり、といった具合で、ゲーム内の空間構造がそのまま、物語を空間的に把握する能力に寄与しているのではないかと思うのである。

 しかし、だからどうという話ではない。

人生はロールプレイングだ

 君は、いつも僕を見たこともない世界に連れて行ってくれる。

 そして僕は君に連れられて、見知らぬ人々と出会い、世界中を駆けめぐり、君の喜び悲しみを一緒に感じる。

 これは物語そのものだ。

 けれども物語には終わりがやってくる。君と僕が別れなければならない時がやってくるのだ。

 君と別れてからも、僕は君のことを想う。物語が終わった世界で、君はどう生きているのだろうと。

 ある君は王様になったり、ある君はお父さんの後を継いだり、ある君はその行方が知れなくなっていたりする。

 いずれにせよ僕は心から思う。君が、幸せになっているようにと。

 君は、何度も出会った君たちは、いつも僕を幸せにしてくれた。

 君を通して見る冒険の世界は決して幸せなことだけではなかったけれど、それも含めて僕には幸せな思い出なのだ。

 今一緒に冒険している君も、もう長い付き合いだ。今までたくさんの君たちとの別れがあったように、いつか君とも別れる日が来るのだろう。

 その別れがまた、幸せなものであることを願うよ。

 そして別れた後の君が、僕がいなくなった世界でも幸せに生きていることを、心より願うよ。

 主人公という名の、もう一人の僕へ。

ドラクエ10外の人かわいいよ問題

 これはドラクエ10ダークドレアムクリアネタバレ感想です。

 

 私はドラクエ10の外の人が好きです。外の人ってあれね、人間の自分じゃなくて、種族の自分の体の持ち主さんのことです。種族はウェディ子ちゃんで遊んでるのですが、シナリオに時々出てくる外の人のウェディ子ちゃんがかわいくて仕方ないのです。

 本当に明るくて、前向きで、優しくて。

 なのでダークドレアムシナリオで、ウェディ子ちゃんのご両親が見つかって本当に良かったと思っています。その時のウェディ子ちゃんのセリフがまた泣かせます。

「パパとママは悪いこともしたかもしれないけれど、でも私はパパとママの味方でいてあげなきゃ」

 ちょっとうろ覚えですけど、この子本当に好きだわー、としみじみ実感しました。

 そんなんなので、ゲーム開始したばかりの頃は早く人間になりたいとか思ってましたが、今は人間に戻ることなど考えず、ウェディ子ちゃんの姿のままでいます。

 でも、そういう自分のキャラとしてのウェディ子ちゃんと、外の人としてのウェディ子ちゃんはまたちょっと違うんですよね。自分の姿としてのウェディ子ちゃんもかわいいのだけど、外の人のキャラとしてのウェディ子ちゃんはもっとかわいい。

 シナリオ上なかなか会えない外の人ですが、これからも登場を楽しみにしています。

ドラクエ10またやってます

 半年くらいドラクエ10を遊んでなかったんですが、最近また始めました。

 ドラクエ10はサービス開始初日組で、ドラクエ10のためだけにWiiを買って遊んでました。そしてコインボス実装あたりから前線から脱落し(早いよ)それから超周回遅れでまったりソロプレイを楽しんでます。今日ようやく初めてドレアム倒しました。そんくらい周回遅れ。

 サービス開始から約4年、半年くらい休止したりを何度も繰り返し、今プレイ時間が1748時間に達しています。4年で割ると1年400時間くらいで、なんか普通に1日1時間以上は遊んでる計算になりますね。なんか意外だ。

 ドラクエ10のいいところはぼっちでも許されるところにあるのかなー、などと思っています。ぼっちでも許されるから、自分が好きな期間だけ遊んでられるのかなぁと。

 ともあれ、少なくともお話の完結までは追いかけたいところです。