セル画についての基礎知識

 セル画とは、90年代くらいまでのアニメを作る時に使っていた特殊な画材を使った絵のことを指します。
 少年ジャンプ展Vol.2で展示されていたスラムダンクのアニメOPがセル画の良さを存分に引き出したリマスターをされていたので、ちょっと自分が知ってるセル画についての知識を語りたくなりました。
 ソースはセル画の彩色職人だった知り合いの方のお話とお仕事見学とその後の調べによる知識です。

 セル画の特殊なところは、セルと呼ばれる透明なフィルムに絵を描くところです。
 日本で一般的なセルアニメーションは、このセルにキャラクターなどの動かすところを描いて、背景の上に重ね、一コマずつ映像用のフィルムに撮影していきます。
 背景とセル画を組み合わせた絵を一コマ撮影したら、キャラクターの絵だけ次の動きを描いたセルに入れ替えて、また一コマ撮影する。それを繰り返して動きのある映像用フィルムを作っていくのです。
 映像用フィルムの仕組みがわからない人は『8ミリ フィルム』あたりで検索してみるといいと思います。

 で、そんな用途で使うので、背景を透かさないようにするために、そして透明なセルにちゃんと塗れるように、特別に作られた特殊な絵の具を使います。
 加えてかなりの厚塗りをします。
 この厚塗りというのはCGの技法の厚塗りではなく、物理的に絵の具が分厚いという意味です。1ミリくらいの厚さはあると思います。
 この絵の具はセルの裏側から塗ります。そうすることで、透明なセルを表から見た時に色むらがなくなるのです。
 先ほど軽く説明をしましたが、セルアニメはセル画にキャラクターの動きを一枚ずつ描いて、一コマ撮影するごとに次の動きのセルに入れ替えてまた撮影します。そのため、塗りムラがあるとキャラクターの顔色などが一瞬ごとに違うという出来上がりになってしまいます。
 それを防ぐためにも、塗りムラができないように特殊な絵の具と特殊な塗り方が要求されるのです。
 また、撮影の際にはかなり強い光をあてるので、光を透かさないということも非常に重要です。

 特殊な塗り方について、もう少し説明します。
 アニメ塗りは基本的に黒いキャラクター線で色を塗り分けます。この黒いキャラクター線は、彩色職人さんのところにセルが届いた時点でセルに描かれています。
 これは、動画に描かれた鉛筆の黒鉛を、特殊な機械を使ってセルの表に写し取ることで描かれます。
 でも、例えば人物の影やハイライトなどは黒い線以外のところで色が塗り分けられています。
 この色の塗り分けの実現方法ですが、色トレスと呼ばれる技術を使います。
 色トレスでは、塗りたい色の絵の具をつけペンにつけて、動画の色指定が描かれた色鉛筆の線をセル画にトレスします。この色鉛筆の線は特殊な機械ではセルに写し取れないからです。これは彩色職人さんの仕事です。
 色トレスには、セルの表からトレスする方法とセルの裏側からトレスする方法の2種類があります。一般的なテレビアニメーションでは表側からトレスしますが、例えば雑誌用の一枚絵などといった手をかけられるセル画の場合は裏側からトレスします。
 なぜ色は裏に塗るのに色トレスは表にするのか?ということですが、これはセル画の色ぬりミスの修正方法と関係があります。
 セル画の色ぬりをミスしたらどうするのか?時間がタイトなテレビアニメでは最初から塗り直す時間はなかなかありません。また、先ほども説明した通り、絵の具はセル画にかなり分厚く塗られます。なので、竹でできたヘラを使って、はみ出したところ、間違えたところを削り取るのです。
 この削り取りをする時に、色トレスの線も絵の具と同じように裏側から描かれていたら、それまでヘラで削り取られてしまいます。
 なので、色トレスの線は表に描いて修正時に一緒に削り取られないようにするのです。
 しかし、厚塗り用のモッタリした絵の具で表側に線を描くと、その分表側に厚みが出ます。その表側の厚みは、時に撮影時の光で影を作ります。時々古いアニメを見ていると、色の境界線がはっきり見えることがありますが、それは表側の色トレス線が作った影によるものです。
 そのため、一枚絵などのなるべく綺麗に撮影したいセル画では、色トレスを裏側からします。修正の時に色トレス線まで削り取っても、線ごと丁寧に修正をします。それだけの時間をかけられるからです。
 もしくは、そんな修正などすることのない凄腕塗り師が仕事をします。

 そして、これまでの話を総合すると大体察しがついてくるかもしれませんが、セル画の色ぬりは通常の絵と違って細かいところから塗っていきます。
 セル画の裏側から、細かいところから塗っていけば、大きなところを塗っている時に細かいところに多少はみ出しても、表から見たときの出来には影響しません。
 そのためには、色を一箇所塗るごとにしっかりと乾かすことが重要です。なので、彩色職人さんたちは何枚ものセル画を並行で塗っていきます。一箇所塗って乾かしている間に他のセルを塗るのです。
 絵の具を乾かすことは、色を混ぜないようにするためにも非常に重要です。
 彩色職人さんたちは絵の具の色を混ぜないようにすることにも非常に気を使います。アニメーションのセル画は多くの人の手で大量生産されるので、絵の具も均質であることが重要です。そのため、手元で色が混ざらないよう、色ぬりに使う筆を洗う水にも気を使うのです。

 そして、セル画は通常何枚も重ねます。一人のキャラクターを一枚のセル画に描くのではなく、キャラクターの動く部分と動かない部分を複数のセル画に分けるのです。
 一番わかりやすいのはキャラクターの口パクだと思います。Aセルにはキャラクターの口以外の顔を描いて、Bセルに口を描きます。そして、撮影の際にAセルとBセルを重ねて、一コマ撮影するごとにBセルだけ入れ替えて口だけ動くことを表現するのです。
 知り合いの彩色職人さんのお仕事見学をした時、口だけが描かれたセル画が何枚もずらっと乾かされている光景を目にしたことがあります。そのセル画を見た時、口しか描かれてないなんてもったいないなと思い、その職人さんに言ったことがあります。そうしたら、そんなことはないんだよ、とお返事をいただきました。今となっては、動かない部分に絵の具と手をかける方がよほどもったいないとわかります。

 セル画は重ねるものなので、下のセルになるほどわずかにぼやけます。
 また、90年代のテレビは今ほど画質が綺麗ではないので、そこでもぼやけます。
 そのぼやけ方がセルアニメーションの味なのではないかと個人的には思うのです。
 冒頭に書いたジャンプ展で展示されていたスラムダンクのアニメのOP映像はそのぼやけを非常に綺麗に演出したリマスターがされた映像でした。ジャンプ展は非常に素晴らしい展示でしたが、1、2を争うくらいに印象に残りました。
 なので、セル画についてとりとめもなく知っていることをつらつらと語らせていただきました。
 ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

 

【参考書籍】 

アニメーションの色職人

アニメーションの色職人

 

  セル画についての解説というよりも仕事に対する姿勢についてのインタビュー本です。ジブリの色設計を支えた保田道世さんに対するインタビューが載っています。

 

色彩王国〈2〉

色彩王国〈2〉

 

 彩色の技法本なのですが、セル画の塗り方に関する実際的なテクニックが載っています。

 

作画汗まみれ 増補改訂版

作画汗まみれ 増補改訂版

 

  アニメーションの作画の歴史を知りたいならこの一冊ではないかと思います。日本でまだフルアニメーションが作られていた、鉄腕アトム以前の話が読めるのはこの本くらいではないでしょうか?

高校時代の実践的経済教育(ついでに仮想通貨)

 高校時代、文系クラスに所属していました。
 まぁ、文系クラスなので政治経済を履修させられるわけですが、そこで非常に面白い授業を体験させてもらいました。
 株式投資のシミュレーションです。証券会社がやっている株式投資のシミュレーションサービスを授業で体験できたのです。
 4、5名くらいの班に分かれて、資本金1000万を新聞で調べた実際の株価で売り買いし、1ヶ月ほどの期間で最終的に一番資本を増やした班が優勝、という内容でした。
 この授業、受けた当時はあまり意味がわかっていませんでした。
 そのため、私がいた班はとりあえず全額投資するのは怖いよね、ということで、300万くらいだけを投資してちまちまと小銭を稼ぎ、最終的に微妙にプラスで終わりました。
 ちなみに優勝した班は1000万を全額投資に回し、かなりぶっちぎりで優勝していたことだけ覚えています。
 まず当時の私に足りていなかった認識は、手元にある1000万の位置付けです。その資金は、全額リスクに回していい資金なのか、それとも最低限守るべき資産も含まれているのか、そこの見極めからして全くできませんでした。
 今だったら、手元の1000万は投資に回すべきと決めたお金なのだからということで全額投資に回していることでしょう。
 もう一つわかっていなかったのは、株のリスクの話です。なぜ300万しか投資に回さなかったのか?それは下手をしたら300万が丸ごと無くなってしまうかも、という極端な心配をしていたからです。うちの班ではたぶん株価の上下幅についてわかっている人は誰もいなかったのでしょう。もしいても言い出せなかったか。
 少なくとも私は株価というのは数%のスケールで上下するものだというのはわかっていなくて、もっと怖いものだという無知の状態でした。これも、今ならよほどのことがない限り1回の取引で資産が全部目減りすることはない、ということで、もっと積極的に投資をすることでしょう。
 こんなにいい教育を受けたことを今まですっかり忘れていたのですが、今日、思い出したので思い出話としてメモしてみました。
 ちなみに思い出したきっかけは今話題の仮想通貨です。それをきっかけに投資について色々と考えていて、そういえば高校時代に株式投資シミュレーションをしたなぁ、ということを思い出したのでした。

 私は今まで自分の資産を投資に回したことはありませんが、仮想通貨は明らかにバブル状態にあるなぁ、と端から見ていて思っています。
 みんながそこに価値があると思っているから値上がりしているだけで、実際の価値はもっと低いだろうというのが私の考えです。まぁ、これも株式についてよくわかっていなかった高校時代の私から何も進歩していなくて、無知ゆえの忌避感からそう思っているだけかもしれませんが。
 でもそう思っているからにはバブルがはじけるきっかけについても考えてみるのが筋のような気がするのですが、具体的なきっかけというのはなかなか思いつかないです。とりあえず、何かのきっかけで仮想通貨が現金化できないという事態になったらバブルは弾けると思うのですが、その何かのきっかけはなんなのか?というのが想像できない。
 仮想通貨の価格と一般に流通している通貨との釣り合いがどこかの時点で取れなくなったら現金化できなくなるだろうとは思うのですが、その釣り合いが高止まりしたまま限界を超えるのか、何かのきっかけで釣り合いが下がり現金化できる限界を超えてしまうのか、それすらもわからない。
 ただ、この仮想通貨が投機対象になっている現状は本来の仮想通貨の意味を考えると、作った人的には非常に不本意な現状なのだろうなぁ、とは想像します。
 仮想通貨は本来、中央集権的に発行される現在の通貨に対するカウンターとして考え出されたものだというのが私の理解です。
 けれども現状としては現在の通貨に従属する形で、現実通貨に換金できるから意味のあるものだ、と考えられている。
 仮想通貨がそのジレンマを超えて、現在の通貨に取って代わり一般に流通する通貨となることができるのか?
 その答えは全くわかりませんが、考えてみると結構面白いなぁと思う次第です。

生活を通じて意識を変えていく

 エッセイ漫画家、わたなべぽんさんが好きです。

 出会ったきっかけは、『スリム美人の生活習慣を真似したら1年間で30キロ痩せました』というダイエット本。スリム美人を真似る?という点を不思議に思ったところがきっかけとなって買ったのですが、この本は本当に良かったです。

 タイトルだけ見ると随分と即物的なタイトルだと思うのですが、実際にこのダイエット法で行なっているのは、美人を真似るという行動を通じて、太りやすい生活習慣の意識を変えていくということなのです。

 この本に代表されるように、わたなべぽんさんのエッセイ漫画は生活を通じて自分の意識を変えていくというところに特徴があります。

 この、表面だけで生活習慣を変えようとするのではなく、意識だけ変えて実際が伴わないものでもなく、その両者を兼ね備えているのが本当にいいのです。この点は、ダイエット本だけではなく片付け本である『ダメな自分を認めたら、部屋がキレイになりました』でも生かされています。

 そしてその暮らしを通じた意識改革の集大成と言える本が、先日発売された『もっと、やめてみた。 「こうあるべき」に囚われなくなる 暮らし方・考え方』です。

 この本も非常に良かったです。

 やめてみることで新しいこととの出会いがあるという実感と、ラストの生まれ直しという話、そしてエピローグの最後の一コマ。生活を通じて意識が変わっていく様が、もう、本当に大好きです。

 

 考えて見ると、私たちは『暮らし』から離れては生きていけません。

 どんなに仕事で充実していても、家事は毎日やってくるし、体は日々変わって生きます。そんな家庭や健康のことを日々こなすことは、私たちの考え方と密接に関係しているのだとわたなべぽんさんの本を読んでいると思います。

 この『もっと、やめてみた』に収録されているラストの話、『生まれ直しの巻』では、子供の頃から続いていた歯の不調とそれを治療し終わったことで、生活習慣から生まれた歯の不調に伴う意識やコンプレックスと、幸せは自分の手でつかむことができるのだ、という話が説得力を持って語られます。

 ただ暮らしであったことを語るのではなく、かといって自己啓発のような話にだけ進むのではなく、この不思議なバランス感覚がわたなべぽんさんの何よりの魅力です。

 

 本当にいい本をありがとうございます、と心から思います。

usacloudのキャラクターデザインをさせていただきました

 さくらのクラウドOSS CLIである、usacloudのイメージキャラクター、「うさみん」と、ロゴに付いているアイコンのデザインをさせていただきました。

  こうした形でもOSSに貢献できるのだ、ということがなんだか嬉しいです。

 みなさま、usacloudとうさみんをどうかよろしくお願いいたします!

足すもの、削るもの

 私は曲を聴きながら勝手にベーシストになる癖がある。時には勝手にコーラスの人になる。自分だったらこんなベースを入れるなぁ、こんなコーラスを入れるなぁ、というのを曲を聴きながらハミングして楽しむのだ。

 しかし、その楽しみ方ができないバンドがある。それは、クイーンだ。クイーンの曲はいくら聴いても勝手なベースやコーラスを足すことはできない。なので、余計なものは足せないクイーンの曲は完璧だと思っていた。

 しかし先日夫から、完璧とは足すものがなくなった時ではなく削るものがなくなった時のことを言う、というサン・テグシュペリの言葉を教わった。

 その言葉を念頭に置いてクイーンの曲を聴いてみると、さらに深く考えが刺激された。クイーンの曲に何も足せないのは、私が足そうとしたものがすでに削られた後だったからなのだ。削られきっているからこそ、余計なものが足されるのを許さない完璧さがあるのだ。

 この調和が創れる領域に立てたら、きっと世界が違って見えるんだろうなぁ。

ーーーーーー

この記事はpplogに2年前に投稿したものの転載です。

自分に「良い」「悪い」のレッテルを貼らない

 気持ちが苦しい時に心の問題を扱ったエントリなんかを読んだりすると、最後には「自分をありのままに受け入れるのが大事です」なんて書いてあったりして、それが出来れば苦労しねぇよ!などと匙を投げたくなる経験、私以外の人も体験したことがあるんじゃないかなー、と思ったりします。

 でも、この「自分をありのままに受け入れる」ということ、個人的にはちょっとしたコツでできるようになった気がしています。

 そのコツが、自分に「良い」「悪い」のレッテルを貼らない、と言うことです。

 自分の感情や行動に対して理屈を付けて、間違っているから自分は悪いという結論を貼ってしまうのは苦しいです。

 一方で自分に対して、自分は悪ではないから善である、みたいな自己肯定をしてしまい、正しいから自分は良いといった結論を貼るのも苦しいです。

 前者の苦しさについてはあまり説明の必要はないと思いますが、後者には少し補足をします。

 まず、自分は悪でないから善、という二元論に染まっているところがガンです。だからこそ、自分が善の道から外れた時には自分が悪であるという結論しか残らず、その時になると自分が今まで善であると思って悪に対して吐いてきた言葉が全て自らの身に返ってきます。これは、自身が苛烈に「正しくあることで自己肯定をしてきた」人間であるほどこの罠は恐ろしい牙を向きます。

 だから、自分の感情や行動に対して、自分で「良い」「悪い」といった評価をすることをやめましょう、ということです。

 しかし自分が正しくあろうとしないと自分の周りの人に迷惑をかけることになるのでは?と思う方もいるでしょう。その説明はもう少し後でします。

 では、自分を評価するのをやめるというのはどういうことなのか?

 例えば、「ダイエットをしなければならないのにお菓子を食べてしまった自分は悪い人間だ」ではなく、「ダイエットをしなければならないけどお菓子は食べたかったんだ。でも、次はやめておこう」と、悪かったことで自分を批判せず、次の行動に活かすという方向に向ける。

 例えば、「飲酒運転は良くないからそれを批判する自分は正しい」ではなく、「飲酒運転は良くないから見かけたら絶対に止めよう」というように、自分が正しい人間であると思うのはやめて行動に活かすようにする。

 別に自分が「良い」人間であることも「悪い」人間であることも、どうでも良いといえばどうでも良いのです。そんな評価は行動の後についてきます。

 大事なのは、自分はどういう人間であるのか頭で考えることではなく、どういう行動をとる人間なのかということです。

 この行動を軸に考えると、正しくあろうとしないと人に迷惑をかけるのではないかという点にも答えが見えてきます。

 結局のところ、考える順番の問題です。自分は正しいから人に迷惑をかけていない、ではなく、人に迷惑をかけない行動が正しいと呼ばれていた、なのです。

 例えば、図書館では静かにする。それはそうするのが正しいルールだからからするのではなく、周りの人のことを考えたら静かにする方がいいだろうという考えが先にあり、その考えの元ルールができてそれに沿うことが正しいと呼ばれるようになったと考える方が自然でしょう。

 話がだいぶそれた気もしますが、自分の行動を「良い」とも「悪い」とも評価しないことが大切です。そうした正しさの物差しで自分を計ってしまうのは、常に自分を裁判にかけているようなものです。

 自分というものは正しくないと見失ってしまうほど柔なものではないと私は思います。自分を良い悪いと評価して自分を歪めてしまうより、自分を評価しないで出てきた感情を信用できたらいいと思うのです。

ドラクエ10、調理職人の話

 ドラクエ10では調理職人をやっている。ドラクエ10のサービスイン時には無かった職人だ。

 私は一応サービスイン時からドラクエ10を遊んでいるので、最初は裁縫職人をやっていた。しかしこの裁縫職人、どうにも性に合わなかった。

 裁縫職人はランダム性が極めて低いミニゲームだ。つまり、エクセルなどを使った計算が生きてくる職人でもある。ここに耐えられなかった。一つ操作をしたらゲームの画面をしっかりと見て、布に与えたダメージをちゃんと覚えて、布の残りダメージを計算する。ここがもう面倒で面倒で辛かったのだ。

 その上、ドラクエ10の職人は10レベル(本当に序盤のレベルだ)を超えてしまったら転職ができない。鬼かと思った。

 ちなみにドラクエ10の世界アストルティアは、カネトルティアと揶揄されるくらい何をするにもお金が重要で、しかも職人以外にはお金を稼ぐ手段がVer.1当時はほとんどなかった。だから職人を投げてしまった私には、ふくびきでコインが当たるのを夢に見るくらいしか金策がなかったのだ。

 そんな中、調理職人が実装された時にそこに逃げ込んでしまうのは必然だったとも言える。

 一応考えくらいはあった。調理職人で作る料理といえば、消費アイテムだ。必然、単価も低いはずで、だとすると原価もまた低いはずである。そうすると、私のような貧乏人でも参入障壁は低いはずだ!と思ったのだ。

 そして、調理職人実装と同時に配られた転職チケットを使って、私は調理職人になったのである。

 そしてこの調理職人、最初は「マジ難しすぎるんだけど」としか思えなかった。調理職人とランプツボ以外の職人には決定的な差がある。それが、具材全体に同時進行でダメージが入っていくという点である。

 他の職人は基本的に、そのターンで自分がダメージを与えたいところにしかダメージが入らない。その上与えるダメージの幅は自分で選べる。

 しかし調理職人は、具材が全てフライパンに乗っており常に火であぶられているという設定上、1ターン過ぎるごとに全ての食材にダメージが入る。与えられるダメージ量はフライパンの上のどの箇所に具材が乗っているのかで決まるが、それも1ターンに最大1回しか具材を動かせない関係上、自由に選べるとは言い難い。

 その上、ドラクエ10の職人ミニゲームは『基準値』と呼ばれるダメージ量にどれだけ与えるダメージを寄せられるのかというのが基本にあるが、調理職人の具材の基準値は、全ての具材でてんでバラバラで毎回ランダムに違う上、どこが基準値だかわからないという非常に難易度の高い設定になっている。

 転職したがこの制約に気づく頃には10レベルを超えており、また無理ゲーかよ!と正直私は頭を抱えたのだった。

 しかし、ではこのゲームを攻略するコツはなんなのか?という話になる。それが、『会心』と呼ばれる現象を利用することだ。

 会心の焼き具合というものがこのミニゲームにはある。詳しい仕様は省略するが、つまるところいいタイミングでこの会心が発生すると、どこともわからないはずの基準値で必ずダメージゲージが止まるという現象が起こる。というか、調理に限っては会心で止まったところが基準値という逆算でしか基準値がわからない。詳しく見ていくと偽会心と呼ばれる現象に泣かされたりもするのだけれど、この記事ではそこまで突っ込まないことにする。

 そしてこのコツを考えて見ると、調理のミニゲームは裁縫のミニゲームとは正反対の性質を持つことに気づく。

 調理は極めてランダム性の高いゲームだ。そして、ちょうどいいタイミングで会心さえ出てしまえば、それまでに一体幾つのダメージを与えたのかなどという話はどうでもいいというゲーム性も持つ。つまり、計算がほとんど必要ない。もちろん、ちょうどいいタイミングで会心を出すためには計算が必要ではあるのだけれど、そのちょうどいいタイミングの数値を一度算出すればあとは覚えるだけなので問題ない。

 つまるところ運ゲーじゃね?といぶかしむ向きもあるだろうが、それでも焼き方の手順というものに工夫のしどころがあり、いい手順を計算している場合としていない場合には星3作成成功率が全く違ってくる。

 ここが調理の楽しい点だ。

 転職したばかりの頃は後悔もしたが、今となっては楽しく調理職人をやっている。