読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分は醜いと言い訳をしたかった

日常

 私はちょっと前まで、自分は醜いと思っていた。それは外見の話だけでなく、心の器量も含めてだ。

 色々とあってそのような考え方から逃げることができたのだけれど、なぜ自分を醜いと思っていたのか考えてみたら、意外な答えが見えてきた。自分は醜いということを言い訳に使っていたのだ。

 自分は醜いから人生うまくいかないのだとか、自分の醜さに気づいている分私はマシな人間だとか、とにかく醜い自分というのを勝手な言い訳に使っていた。

 じゃあ自分の美しさに気がついたからそう思わなくなったのか?と言うと、そうではない。自分を批判的に評価するのを止めただけだ。

 それだけだから、私は実際のところ醜い人間なのかもしれない。けれども、そう思わなくなっただけで、醜さを言い訳にしていた頃よりもずっと心が軽くなった。言い訳って普通自分の心を(どんな手段ででも)守るためのものなのに。

 結局、自己承認が出来るようになったというところにこの話は落ち着くのかもしれない。けれども結果だけ見ると、自分を醜いと思うことには何のメリットもなかった。

 そして今となっては、私に対して私は醜いという意識を植え付けたなにものかへの恨みも、すっかり消えてしまったのである。

感情メタ禁止。

日常 memo

 最近自分に課した決まり事として、感情メタ禁止というものがある。

 今自分はこう感じたけれども、それには実は別の意味があってそちらのほうが本音なのでは?と考えることを禁止するのだ。

 例えば、私は今喜んでいるけれどそれは他人に対する優越感から生まれた感情だから私は醜い、などと考えることを止める。

 感情メタというのは怖い。自分が感じたことに対して常に批判的な自分を心の中に飼うということなのだから。自分を否定しかしてこない他人と接するのはとてもストレスだが、そういう他人を心の中に持つのはもっとストレスだ。普通の他人に否定されるならその人から逃げればいい話だけれど、心の中にそれがいると逃げることが出来ない。

 だから、私は今喜んでいるのだという感情を素直に受け入れて、それを評価しないように心がけるようにした。

 そうすると、今まで持っていてずっと悩みの種だった、自分を否定する過剰な自意識から逃げ出すことが出来たように思う。

自分の世界を作るもの

 自分の世界を作るものは何なのか、意識していないと間違えるものがあるよな、と時々思う。

 例えば、「賢い人は常に落ち着いて話す」という実感があるとして、それは真であると考える前に、自分は常に落ち着いて話す人を賢い人と認識してるのではないか?と考える必要がある。

 自分の世界というのは自分というフィルタを通してのみ形作られるもので、そのこと自体はとても尊い。だから、「賢い人は常に落ち着いて話す」という命題を真にする世界を作ってもいい。

 けれども、その命題を真たらしめているのは『事実』ではなく『認識』だということを間違えてはならないと思うのだ。

高いもんがいいもんの理論

日常

 昔、『高いもんがいいもんの理論 叩き込まれて僕らは無敵』と歌ったのはMr.Childrenだった。そんなことを思い出した話である。

 今日、ケーキ屋さんで一人用のケーキを選んでいた。個人的にはフルーツに心が揺れていたので、色とりどりのフルーツが飾られたケーキを見比べてどれがいいか悩んでいた。だいたいどれも380円くらいの値段だった。

 けれどもそんな中、視界の隅に550円のケーキが目に入った。そのケーキは綺麗にデコレーションされた生クリームの上にシンプルにいちごが飾られたケーキで、それ以外のフルーツは見当たらなかった。

 けれども、こんなことを思ってしまった。380円のケーキにあれだけフルーツが使われているのだから、この550円のケーキには見えないところでもっとフルーツが使われているのかもしれない、と。

 そして結局、その550円のケーキを買ったのだ。

 結論を言うと、そのケーキにはいちご以外のフルーツは使われていなかった。

 なのになぜフルーツが多く飾られた380円のケーキより高かったのか?それを考えた時、生クリームが普通のケーキよりも濃厚に感じられた。

 きっと濃厚な生クリームを食べたい、という需要はあるのだろう。そしてこのケーキの価値は、おそらくそこだった。しかし、私が求めていたのはフルーツだったのだ。なのに私は値段でそこを見誤り、本当に食べたかったものが食べられなかった。

 このケーキは何も悪くない。悪かったのは、値段に眩んだ自分の目だ。

 今回はケーキだったから笑い話になるのかもしれない。けれども、値段だけで自分が求めるものがそこにあると判断するのは、勘違いも甚だしい。その値付けは、私のための値付けではないのだから。

 高いものは、多くの場合いいものなのだろう。けれどもそれが『自分にとって』いいものなのかどうかを判断できるのは、自分しかいない。

 そこで判断を誤らないように、普段から気をつけていきたい。

『過ぎ去りし時を求めて』から妄想する

ゲーム memo

 今年発売予定のドラゴンクエスト11は、『過ぎ去りし時を求めて』というサブタイトルが付いている。対応ハードはPS4と3DSという、あまりに異色の組み合わせだ。

 私は3DS版で買おうと思っている。このサブタイトルから妄想するに、それが正解だと思っているからだ。

 どんな妄想をしているのか?という件だが、ドラクエの主人公として何度となく世界を救ってきた我々を時間を軸にしてメタな方向から刺しにくるのでは?と妄想しているのである。なので、オールドプレイヤーである私には、昔のドラクエを思い出すような2DとPS時代ぐらいの粗い3Dを並立させた3DS版が正解なのではないかと考えているのだ。

 それに、時間を軸にしたメタネタをやるとしたら、対応ハードをわざわざPS4と3DSにしたのも納得が行く。オールドプレイヤーには昔を思い出させる3DSを、そして新しい若いプレイヤーには今と過去を対比させるために新しいハードであるPS4を当てたのではないかと思うのだ。

 私はメタネタが好きだしドラクエも大好きなので、今からとても楽しみにしている。

過ぎる時は淡々として

日常 ポエム

 お正月だろうと、過ぎる時は淡々としていると思う。

 なのに賑やかなイメージがあるのは、自分が賑やかな場所に身を置くからなのだろう。そうして自分も賑やかさに貢献するのだ。

 だから、お正月の賑やかさは人々の集まりの賑やかさなのであって、人々のご縁の賑やかさなのだと思う。

 今、私の周りは静かで、人々の賑やかさからはちょっと遠くでこの文章を書いている。それは別に寂しいことではない。

 普段よりも人が集まって賑やかな場所ができるとしたら、普段よりも人がいなくて静かな場所もまた現れる。

 そうしたところで時が淡々と過ぎることを確認するのも、新年の過ごし方として悪くない。

 時の流れの平等さ、残酷さ、そして優しさは、年が新たまっても変わることはないのだから。

積み重なるもの

日常

 大晦日だ。今年一年を思い返してみたくなる。が、思い返してみると案外いろいろ覚えていないものだ。

 しかし、本人以上にいろいろ覚えていてくれるものがある。それは、ウェブブラウザだ。

 閲覧履歴は案外簡単に消えてしまうけれども、どこのフォームにどんな言葉を打ち込んだのか、ということは割と長いこと覚えていてくれる。

 この文章を書き出す前に、とりあえずタイトルだけ埋めておくかと思いフォームに単語を入れてみると、前に使ったタイトルがサジェストされたりして、ああ、こんなこと前にも書いたのか、などと思い返したりする。

 そうやってウェブブラウザに自分の記録が積み重なっていることを目の当たりにすると、うむ、いいブログのネタができた、と思って文章を書き出すことができるのだ。

 これは、今年の振り返りとしてはちょっとピントがずれているかもしれない。

 でも、自分を振り返るのにはそんなに悪くない視点かな、と思う。