物語を空間で把握する

 ゲーマー世代の人は、『一本道のストーリー』という用語を口にすることがある。もちろん褒め言葉ではなく、たった一つのシナリオを延々と見せられている場合などに用いられる。

 ゲームには、物語が分岐したりするインタラクティブ性があり、それが当たり前になってしまった世代には、ゲームにおいて『一本道のストーリー』しかないのであったら、それはマイナスの印象なのだ。

 では、『一本道のストーリー』の逆の用語はなんだろうか?それはおそらく、『広がりのあるストーリー』だろう。一本道という一次元から、広がりという二次元に拡張されたのだ。

 つまりゲーマー世代は、物語を空間的に把握する能力がある、と推察できないだろうか?

 メインストーリーがあり、サブストーリーが幾つか並列にあり、最終的にサブストーリーがメインストーリーに合流する、といったことを空間的に考え、把握しているのではないかという話だ。

 普通はこれは難しい。けれどもゲーム内シナリオの場合、イベントが起こる場所とストーリーの舞台は大抵一致しているので、ここには〇〇のシナリオがあり、こっちには△△のシナリオがあり、といった具合で、ゲーム内の空間構造がそのまま、物語を空間的に把握する能力に寄与しているのではないかと思うのである。

 しかし、だからどうという話ではない。

人生はロールプレイングだ

 君は、いつも僕を見たこともない世界に連れて行ってくれる。

 そして僕は君に連れられて、見知らぬ人々と出会い、世界中を駆けめぐり、君の喜び悲しみを一緒に感じる。

 これは物語そのものだ。

 けれども物語には終わりがやってくる。君と僕が別れなければならない時がやってくるのだ。

 君と別れてからも、僕は君のことを想う。物語が終わった世界で、君はどう生きているのだろうと。

 ある君は王様になったり、ある君はお父さんの後を継いだり、ある君はその行方が知れなくなっていたりする。

 いずれにせよ僕は心から思う。君が、幸せになっているようにと。

 君は、何度も出会った君たちは、いつも僕を幸せにしてくれた。

 君を通して見る冒険の世界は決して幸せなことだけではなかったけれど、それも含めて僕には幸せな思い出なのだ。

 今一緒に冒険している君も、もう長い付き合いだ。今までたくさんの君たちとの別れがあったように、いつか君とも別れる日が来るのだろう。

 その別れがまた、幸せなものであることを願うよ。

 そして別れた後の君が、僕がいなくなった世界でも幸せに生きていることを、心より願うよ。

 主人公という名の、もう一人の僕へ。

ドラクエ10外の人かわいいよ問題

 これはドラクエ10ダークドレアムクリアネタバレ感想です。

 

 私はドラクエ10の外の人が好きです。外の人ってあれね、人間の自分じゃなくて、種族の自分の体の持ち主さんのことです。種族はウェディ子ちゃんで遊んでるのですが、シナリオに時々出てくる外の人のウェディ子ちゃんがかわいくて仕方ないのです。

 本当に明るくて、前向きで、優しくて。

 なのでダークドレアムシナリオで、ウェディ子ちゃんのご両親が見つかって本当に良かったと思っています。その時のウェディ子ちゃんのセリフがまた泣かせます。

「パパとママは悪いこともしたかもしれないけれど、でも私はパパとママの味方でいてあげなきゃ」

 ちょっとうろ覚えですけど、この子本当に好きだわー、としみじみ実感しました。

 そんなんなので、ゲーム開始したばかりの頃は早く人間になりたいとか思ってましたが、今は人間に戻ることなど考えず、ウェディ子ちゃんの姿のままでいます。

 でも、そういう自分のキャラとしてのウェディ子ちゃんと、外の人としてのウェディ子ちゃんはまたちょっと違うんですよね。自分の姿としてのウェディ子ちゃんもかわいいのだけど、外の人のキャラとしてのウェディ子ちゃんはもっとかわいい。

 シナリオ上なかなか会えない外の人ですが、これからも登場を楽しみにしています。

ドラクエ10またやってます

 半年くらいドラクエ10を遊んでなかったんですが、最近また始めました。

 ドラクエ10はサービス開始初日組で、ドラクエ10のためだけにWiiを買って遊んでました。そしてコインボス実装あたりから前線から脱落し(早いよ)それから超周回遅れでまったりソロプレイを楽しんでます。今日ようやく初めてドレアム倒しました。そんくらい周回遅れ。

 サービス開始から約4年、半年くらい休止したりを何度も繰り返し、今プレイ時間が1748時間に達しています。4年で割ると1年400時間くらいで、なんか普通に1日1時間以上は遊んでる計算になりますね。なんか意外だ。

 ドラクエ10のいいところはぼっちでも許されるところにあるのかなー、などと思っています。ぼっちでも許されるから、自分が好きな期間だけ遊んでられるのかなぁと。

 ともあれ、少なくともお話の完結までは追いかけたいところです。

突然ですが、電子書籍派です。

 突然ですが、私は電子書籍派です。私が感じている電子書籍のメリットは以下の通りになります。

  1. 思い立った時にすぐ買えて、すぐ読める
  2. かさばらない
  3. ↑なので、たくさん買っても捨てなくていい
  4. 検索すればすぐに本が見つかる(ダンボールの奥底だから読み返すの辛いとかない)

 特に大きいのは、1と3です。

 まず1ですが、ネットでお勧めされた本が気になって読みたい時、そのままネット経由で注文してダウンロードしたらすぐ読める、というのは本へリーチするハードルが下がるので非常にいいです。

 次に3。本を置く場所が取れずに泣く泣く処分した経験が何度もあります。でも電子書籍なら、かさばらないので捨てなくてもいいんです。これでせっかく買った本がいつまでも読める!

 まぁ、3はサービス終了したらどうなるの?と怪しい面もありますが、この辺りのメリットが本当に大きいので私は電子書籍派です。

電子書籍は作家さんのためにならない?

 現状、電子書籍が売れても作家さんのためにはならない、というのが通説のようです。売り上げの面でも、作品生命の面でも。

 これは電子書籍派としては心情的に非常に辛い。私はフェアにお金を支払っているはずなのに、それが作家さんを支えないというのは本当になぜなのか理解できません。

 でも、これはきっと過渡期の歪みなのだと思っています。電子書籍という新しい仕組みと紙の本という古くからの仕組みを結びつけるためのノウハウが、まだ世界中のどこにもないのでしょう。

 私はこの歪みが解消され、電子書籍を買っても作家さんを支える仕組みが生まれることを熱望しています。

だからこそ、電子書籍派です。

 上記のノウハウを生むには、電子書籍での売り上げも紙の本に負けないくらいになることが必要なのだと思います。

 もし電子書籍がマイナなままであり続けたら、出版社側は電子書籍に関するノウハウの蓄積を後回しにし続けるでしょう。

 そうではなく、電子書籍での売り上げを出版社側にも作家さんにも前向きにとらえてほしいと思うのです。

 なぜなら、お金を払ってでもこの本を読みたいと思った気持ちは、電子書籍でも紙の本でも変わらないからです。

 そうした未来がなるべく早く近づくように、今後も電子書籍を活用していきたいと思っています。

覚えていてもらう奇跡

『本当にすべての望みを失って初めて、人に最後に残る望みが何かわかった』
「……男は何を望んだのだ……?」
「アフダルよ、それは伝えるということである」

堤抄子 エスペリダス・オード3巻より

 

僕を覚えていて 指で文字をなぞっては

大声で泣いた夕映

石川智晶 Vermillionより

 

 この二つの言葉は、私の中にしっかりと残っている言葉です。

 この二つを合わせて考えてみると、人に残る最後の望みは、自分のことを伝え、そして覚えていてもらうことなのかなぁと思うのです。

 ウェブが発展して、誰しもが自分のことを発信できる世の中になりました。その一方で、覚えていてもらうのは難しいように思います。

 けれども、知らない誰かがどこかで私が書いたものを目にして覚えてくれている、そんな小さな奇跡を信じてもいい時代になりました。

 ウェブ上に何かを発信している人たちは、きっとそんな奇跡を信じているのだと思います。

 そして、そんな奇跡を起こすために、誰かを覚えておくために、ネットサーフィンをするのもきっと悪くはないのでしょう。

宗教とか自己啓発セミナーとか

 最近になって自分が書いているエントリはそんな感じのものが多いなー、と自分でも思います。なんていうか、ダメだった私が〇〇したらいい感じになりました、みたいな。でもまぁ、実感として事実なので、そういうのに食傷している方には申し訳ないです。

 宗教とか自己啓発セミナーとか、そういうものが批判されるのには、まず『弱き人を食い物にしている』という主催者側への批判と、『食い物にされている弱さが悪い』という信者への批判があると思いますし、私もその意見に概ね同意するものでありました。

 けれども辛かった時には、自己啓発ですアウトー!な感じの本とかも読んでいましたし、キリスト教徒になることを検討しはじめたこともありました。それでもギリギリ気持ちが上向きになって、そういうところの門を叩くには至らなかったのですが、しかしそれはたまたまそうならなかったというだけで、何か一つずれていたらその門の向こうにいたのかもしれないのです。

 そんな私が何とかサバイブして手に入れた価値観が、宗教とか自己啓発セミナーとかに寄ったものになっているのは皮肉なのか必然なのか。

 でも、どちらかといったら必然である方がいいなぁと思うのです。人々が心の辛さを乗り越えて得られる叡智が共通のものだとしたら、それは希望のように思えるからです。