読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凛ルートクリア

ゲーム

 以下感想。ネタバレ注意。


 なんと言うか奈須きのこというシナリオライターは技巧の人ではなく力技の人なんだなと思った。何度凄い奇跡や例外設定や登場人物の気まぐれで場面がひっくり返ったのか覚えていない。でもそのトンデモさについつい納得させられてしまう点において、間違いなく奈須きのこは当代随一のシナリオライターなのだろうと思う。
 シナリオの内容としては、セイバールートの士郎とセイバーほど士郎と凛がラヴラヴしているわけではないので、比べてしまうとちょっと満足はしきれてない。おばちゃんとしてはもっとたくさんラヴが見たかった。
 でもこのシナリオについては、士郎=アーチャーというネタバレをだいぶ前から知っていたので、純粋にシナリオを楽しみきれていなかったようにも思う。その点についてはつくづく無念だ。
 しかしこのシナリオ、テーマというか結論がセイバールートと真逆ではないだろうか?セイバールートではセイバーにあれだけ自分を捨てずに自分だけの願いを持てお前は報われるべきなんだ、と言っていた士郎が、このルートでは自分の未来は決して報われないことが分かっていてもあえてその道に進んで行っている。この点に疑問を覚えるのは、私の読み込み不足なのだろうか。