svnでのパーミッション管理

 svnは基本的にファイルパーミッションを管理しない。しかし、実行属性だけは管理している。

svn proplist

でファイルに実行属性が付いているかどうか確認できる。
http://subversion.bluegate.org/doc/re23.html

svn:executable

と表示されれば、そのファイルには実行属性が付いている。
http://subversion.bluegate.org/doc/ch07s02.html#svn.advanced.props.special

 ファイルに実行属性を付けたい場合は、

svn propset svn:executable 実行属性を付けたいファイル

http://subversion.bluegate.org/doc/re24.html

 ファイルから実行属性を消したい場合は、

svn propdel svn:executable 実行属性を消したいファイル

http://subversion.bluegate.org/doc/re20.html

 これ以外、例えばrやwは、先にも述べた通りsvnは管理していない。それは、コミット先やチェックアウト先のファイルパーミッションに従うらしい。

 以上、今日の復習終わり。