CakePHPによる実践Webアプリケーション開発を読みながらMacで開発

 この本はWindows用に書かれているので、それをMacに照らし合わせながら読み進めていきます。
 CakePHP初心者がやってることなので、あまり頭から過信しすぎないようにお願いします。
 環境はapache2とPHP5とMySQL5とCakePHP1.2です。

 前提として、/Library/WebServer/Documents/cake にcakeがインストールされており、基本的にそこでコマンドを打っているってことで。

 まずP31。bakeの方法。
 Macだと以下のコマンドでいいみたいです。

sudo cake/console/cake bake project "calendarnote"

 ここで"app/calendarnote"と引数を渡してしまうと、app/app/calendarnoteという変なところにディレクトリが作られてしまうのでご注意<一度やった。

 次。P33。データベースの設定方法。

sudo cake/console/cake bake -app app/calendarnote

ここではappをパスにつけてやること。

サクサク行きます。次のP35。

sudo cake/console/cake schema generate -app app/calendarnote

編集するべきschema.phpがある場所は、

app/calendarnote/config/sql/schema.php

 ここを編集したらP37、

sudo cake/console/cake schema run create -app app/calendarnote

 で、MySQLに接続して次の様なスキーマが出来てるかどうか確認。

mysql> show columns from schedules;
---------- -------------- ------ ----- --------- ----------------
Field Type Null Key Default Extra
---------- -------------- ------ ----- --------- ----------------
id int(20) NO PRI NULL auto_increment
form datetime NO NULL
to datetime NO NULL
title varchar(100) NO NULL
contents text NO NULL
created datetime YES NULL
updated datetime YES NULL
---------- -------------- ------ ----- --------- ----------------
 とまぁWin <-> Mac互換のポイントとしては、cake.batコマンドではなく、cakeコマンドをそのまま使うことと、pathに注意する、ということあたりらしいです。  とりあえず今日はここまで。続きは必要があると感じたら書きます。 <追記>  Amazonの紹介文を見てたら、『本書は、一通りCakePHPの基礎知識を有しているプログラマに向け、』なる一文を発見。確かに本屋で見て、難しそうだけどちょっと背伸びするつもりで買ってみたのだけれど、背伸びし過ぎたかもしんない…。