読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac OS X 10.6 Snow Leopard で旧XBOX360をインターネットに繋ぐ

 最近新しく出たXBOX360無線LANが内蔵されてるらしいですね。いいなー。私が持ってる旧型は純正の無線LANアダプタを使わなくてはいけなくて、しかもそれが8000円くらいします。底辺市民にとってはちょっとお高い感じ。かといって有線LANの配線も厳しい。
 というわけで、無線LAN経由でインターネットに繋いでいるこのMacBook、このMacBookの空いているEthanetポートを使って、XBOX360をインターネットに接続してみようと思いました。
 使うのは、インターネット共有という機能。接続法を探してみたら、以下のサイトで解説されていました。

http://lemythe.blog24.fc2.com/blog-entry-51.html

 この記事ではPS2を使っていますが、設定方法自体はXBOX360にもそのまま適応できます。ただし、『AirMacの項目をを内蔵 Ethernet よりも上に配置すること』は、スノレパではちょっと方法が違います。
 システム環境設定からネットワークを選ぶと、AirMacやEthanetなどのアイコンが左側に出てきますが、これを直接ドラッグアンドドロップすることは出来なくなっています。その欄の下の方にある歯車のマークをクリックして、『サービスの順序を設定』を選んでください。これでAirMacの項目をEthanetよりも上に出来ます。

 これでBBCSもネット対戦しまくりだぜ!…、って、その前にゴールドメンバーシップ買わんと…。いや、それよりももっと前にそもそもの腕前が…。