ハンターダーク簡易感想【ネタバレ】

 ハンターダークを読み終わり、今2回目を読み返している。思ったことはたくさんあるけれど、取り急ぎ構成上の話だけ。

 ハンターダークは近年の秋田作品の中では一番に読みやすいと思う。それはおそらく、物語が階段を登るように構成されているからだ。
 まずはハンターたちの顔見せに始まり、ハンターの目覚め編、仲間の紹介編、VSサンダーボルト編、ビューティーグレイス事件編、VSミラージュ編、VS支配者編と、今の話の要点になっているところがどこなのか読者に分かりやすく提示し、それらを登り切って俯瞰してみると物語全体の要点がわかるようになっている。これはオーフェン第一部の西部編と同じような構造をしている。ひとつ事件が終わったら次の事件へ、そしてその全体像は?といった形で、非常に分かりやすい。

 さらに全体像を見てみても非常に面白いというのがすごい。秋田先生はまじゴッドだったんやー!