切り口

 ものを書くとき、もののどの面を見せるのかで切り口を考えなければならない。

 そうして切り口を探しているうちに、自分でもまだ気がついていなかったものの一面が見えたりするので、書くという作業は面白い。