最初に読んだ漫画

 記憶の中にある一番最初に読んだ漫画は、黒鉄ヒロシ氏の『赤兵衛』だ。父がビッグコミックビッグコミックオリジナルを毎号買っており、それに載っていたのを読んだのだ。何歳の頃かは正直ちゃんと覚えていない。

 漫画の読み方を父に訊いたとき、父がちゃんと教えてくれたのを覚えている。

 「1段目を右から左に読んでいって、端まで行ったら細い白い部分を左から右に戻って行って、二段目をまた右から左に読んでいくんだ」

 そんな風に読み方を教えてくれた。

 というわけで私はなかよしを読むよりも早く、ビッグコミックビッグコミックオリジナルの読者になったのである。小学校2、3年生の頃には父が毎号買ってくるのを楽しみにしていた。

 もちろん大人向けの話ばかりなので、子供心に理解できた話は少なかったと思う。本当に読み始めの頃は赤兵衛が一番楽しいと思って読んでいた。

 しかし漫画の力は恐ろしい。わからなくても印象に残るシーンは数あるのだ。例えばかわぐちかいじ氏の『YELLOW』の最終話などが結構印象に残っている。それと、ゴルゴ13エボラ出血熱の話はものすごく怖かった。

 それから徐々に興味の幅は広がり、『家裁の人』や『おかみさん』などを楽しみにしていた。『玄人のひとりごと』も麻雀用語がわからないながらも爆笑していたし、『MONSTER』が始まった時にはこれヤバいと真剣に思った。ちなみに、『風の大地』でリリィが死んでしまった件については本気で作者を恨んだものだ。

 小学校高学年くらいになってくると浮気雲の凄さにも気付きはじめ、、だからこそ少年ガンガンで『ドブゲロサマ』が始まった時にはガンガン編集部もヤバいと思った。

 まぁとにかく、私の漫画遍歴はその多くの部分がビッグコミックビッグコミックオリジナルで出来ているのである。

 あの時、私の手から『赤兵衛』を取り上げずに漫画の読み方を教えてくれた父には、心から感謝している。