ドラクエ10、調理職人の話

 ドラクエ10では調理職人をやっている。ドラクエ10のサービスイン時には無かった職人だ。

 私は一応サービスイン時からドラクエ10を遊んでいるので、最初は裁縫職人をやっていた。しかしこの裁縫職人、どうにも性に合わなかった。

 裁縫職人はランダム性が極めて低いミニゲームだ。つまり、エクセルなどを使った計算が生きてくる職人でもある。ここに耐えられなかった。一つ操作をしたらゲームの画面をしっかりと見て、布に与えたダメージをちゃんと覚えて、布の残りダメージを計算する。ここがもう面倒で面倒で辛かったのだ。

 その上、ドラクエ10の職人は10レベル(本当に序盤のレベルだ)を超えてしまったら転職ができない。鬼かと思った。

 ちなみにドラクエ10の世界アストルティアは、カネトルティアと揶揄されるくらい何をするにもお金が重要で、しかも職人以外にはお金を稼ぐ手段がVer.1当時はほとんどなかった。だから職人を投げてしまった私には、ふくびきでコインが当たるのを夢に見るくらいしか金策がなかったのだ。

 そんな中、調理職人が実装された時にそこに逃げ込んでしまうのは必然だったとも言える。

 一応考えくらいはあった。調理職人で作る料理といえば、消費アイテムだ。必然、単価も低いはずで、だとすると原価もまた低いはずである。そうすると、私のような貧乏人でも参入障壁は低いはずだ!と思ったのだ。

 そして、調理職人実装と同時に配られた転職チケットを使って、私は調理職人になったのである。

 そしてこの調理職人、最初は「マジ難しすぎるんだけど」としか思えなかった。調理職人とランプツボ以外の職人には決定的な差がある。それが、具材全体に同時進行でダメージが入っていくという点である。

 他の職人は基本的に、そのターンで自分がダメージを与えたいところにしかダメージが入らない。その上与えるダメージの幅は自分で選べる。

 しかし調理職人は、具材が全てフライパンに乗っており常に火であぶられているという設定上、1ターン過ぎるごとに全ての食材にダメージが入る。与えられるダメージ量はフライパンの上のどの箇所に具材が乗っているのかで決まるが、それも1ターンに最大1回しか具材を動かせない関係上、自由に選べるとは言い難い。

 その上、ドラクエ10の職人ミニゲームは『基準値』と呼ばれるダメージ量にどれだけ与えるダメージを寄せられるのかというのが基本にあるが、調理職人の具材の基準値は、全ての具材でてんでバラバラで毎回ランダムに違う上、どこが基準値だかわからないという非常に難易度の高い設定になっている。

 転職したがこの制約に気づく頃には10レベルを超えており、また無理ゲーかよ!と正直私は頭を抱えたのだった。

 しかし、ではこのゲームを攻略するコツはなんなのか?という話になる。それが、『会心』と呼ばれる現象を利用することだ。

 会心の焼き具合というものがこのミニゲームにはある。詳しい仕様は省略するが、つまるところいいタイミングでこの会心が発生すると、どこともわからないはずの基準値で必ずダメージゲージが止まるという現象が起こる。というか、調理に限っては会心で止まったところが基準値という逆算でしか基準値がわからない。詳しく見ていくと偽会心と呼ばれる現象に泣かされたりもするのだけれど、この記事ではそこまで突っ込まないことにする。

 そしてこのコツを考えて見ると、調理のミニゲームは裁縫のミニゲームとは正反対の性質を持つことに気づく。

 調理は極めてランダム性の高いゲームだ。そして、ちょうどいいタイミングで会心さえ出てしまえば、それまでに一体幾つのダメージを与えたのかなどという話はどうでもいいというゲーム性も持つ。つまり、計算がほとんど必要ない。もちろん、ちょうどいいタイミングで会心を出すためには計算が必要ではあるのだけれど、そのちょうどいいタイミングの数値を一度算出すればあとは覚えるだけなので問題ない。

 つまるところ運ゲーじゃね?といぶかしむ向きもあるだろうが、それでも焼き方の手順というものに工夫のしどころがあり、いい手順を計算している場合としていない場合には星3作成成功率が全く違ってくる。

 ここが調理の楽しい点だ。

 転職したばかりの頃は後悔もしたが、今となっては楽しく調理職人をやっている。