ドラゴンクエストウォークβ版感想〜二日終了時点〜

 ドラゴンクエストウォーク(ドラクエウォーク、DQウォーク)のβ版テスターに当選した。なので、火曜日、水曜日と合わせて37,000歩ほど歩いた。そんな中での感想を。

f:id:KZE:20190612215948j:plain

クリアしたクエストの回数はバグっているらしく、カウントされていない

 

 ゲーム内容を一言で言うなら、歩くことで臨場感を高めるドラクエだ。歩くことで遭遇するモンスターは、捕まえるのではなく倒していく。そしてシナリオがある。

 そして、二日歩いての感想は「もっと面白くなりそう」だ。現状では不満もなくはないが、良ゲーの雰囲気がする。

 なので、システムの解説をしつつ感想も挙げていこうと思う。

 

 まずゲームを始めるとフィールドを歩くことになり、周りにモンスターが出現する。そのモンスターをタップすると戦闘が始まり、勝つと経験値やゴールド、モンスターのこころ(後述)が手に入る。それらで自身を強化し、より難敵に挑んでいくというゲームフローだ。モンスターと戦ったりダンジョンに向かったりするために実際に歩く必要があるということ以外はびっくりするほど据え置き機のドラクエになっている。

 

 肝心の敵を倒す部分は今までのドラクエのコマンド式バトルだ。より正確にいうと、純粋なターン制ではなく、ドラクエ11のように順番が回ってきたキャラ一人一人に行動を指示するタイプだ。もちろん、歩きながらそんなことはやってられないのでオートバトル機能が備わっている。

 

 そして、オートバトルとオートエンカウントを併せ持つ「ウォークモード」という機能がある。これを設定しておけば、道を歩く中で近くに出現したモンスターと勝手に戦ってくれる。歩きスマホ対策としての機能だ。

 これは楽なのだが、まだ機能としては不十分だと感じる。

 まず、このゲームでのHPMPの回復手段はマップ上にマメに配置されているツボを割ることなのだが、ウォークモード中はこのツボを割ることができない。このせいで、ずっとウォークモードにしているといつの間にかHPMPが尽きてしまい全滅する羽目になる。今の所デスペナはなさそうなのだけれど、これを回避するにはこまめにスマホを取り出してウォークモードを切り手動でツボを割る必要がある。つまり、歩きスマホになりがちである。これはさすがにアホなのでツボ割りもオートで行う様に修正してほしい。

 

 ダンジョンはクエストを進めると出現する。出現すると言っても、任意の場所や特定の場所に出現するのではなくて、プレイヤーがダンジョンの出現場所を目的地にするという形で指定できる。目的地に選べるのは現在地から半径500m以内のところにある商業施設や公園などだ。大体15ヶ所前後くらいから選べる。この目的地にできる場所はユーザ毎のランダムピックアップらしく、例えば友達と一緒に同じダンジョンを同じ目的地に設定したいと思っても出来ないらしい。また、現在地から遠ければ遠いほど次のダンジョンを出現させるのに必要なアイテムが多く手に入る。

 そしてここは攻略上重要なのだが、ダンジョンを発生させるとその近辺にはダンジョンのレベルに応じた強さの敵が出現するようになる。なので、何も考えずにダンジョンをホイホイ出現させていると、一気に近隣の敵が強くなってしまいレベル上げが辛くなるので、ダンジョンに設定されている推奨レベルに到達するまではダンジョンを出現させないことをオススメする。

 

 次はプレイキャラの強化要素についてだ。ここは正直色々思うところがある。

 据え置きのドラクエだと、モンスターを倒してレベルを上げれば様々な技や呪文を覚え、あとは装備を整えれば強くなる。シンプルだ。

 しかしドラクエウォークのキャラの強化はこれより複雑である。

 まず、レベル上げだけで上がるステータスは微々たるものである。また、技や呪文もほとんど覚えない。

 ではどうやってキャラを強くするのか?それは武器防具の装備とモンスターのこころを装備することでだ。

 モンスターのこころはドラクエ7にもあった概念だが、ドラクエ7のそれはこころを持っているモンスターに転職できるというものであったのに対し、ドラクエウォークのモンスターのこころは装備することで大幅にステータスアップするアイテムだ。

 モンスターのこころはモンスターを倒すことによってドロップする。こころには色とランク、コストが設定してあり、色が職業の適正(黄色なら戦士向け、紫なら魔法使い向けなど)、ランクはそのこころの強さ(S〜Dまであるらしい)、そしてコストは装備するときのコスト上限に関わってくる。

 この心はすごく強い。レベルが1上がってもさいだいHPは5前後しか増えないが、こころを装備すると10や20はサクッと増える。そしてそれが最大3つまで装備できるのだから、その重要性は高い。

 

f:id:KZE:20190611145356j:plain
f:id:KZE:20190613095730j:plain
レベルアップ時のステの上がり具合とこころでの上がり具合

 そしてもう一つのキャラの強化要素が武器防具だ。

 この武器防具はクエスト報酬で手に入ることもあるが、基本的にはガチャで入手することになる。そして、キャラクターの強さに大きく関わる特技や呪文は武器防具に設定されていて、強い技が使いたければ高レアの装備をガチャで当てて、さらにその装備を強化石を使ってレベルアップさせ強い技を使える様にする必要がある。

 ここで私が懸念するのは、普通にシナリオをクリアするだけであっても高レアの武器防具が必須になるバランスになってしまわないかということだ。

 どうか、普通にシナリオをクリアするだけであったら、レベルを上げこころを揃え低レアの武器防具でも強化石で強くしていればなんとかなるレベルであってほしい。

 もう一つ要望を加えるのなら、特技や呪文はガチャの武器防具依存ではなく、こころ依存にしてほしい。今の所、こころを狙って集める意味は薄い。ステータスアップにしか使えないので、このこころじゃないといけない様な要素がないからだ。でも、例えばホイミスライムのこころを装備するとベホイミが使える様になるというのならば、何が何でもホイミスライムのこころを手に入れなくてはならない必然が生まれる。そしてそれが歩く動機にもつながっていくからだ。

 特に歩かなくてもガチャで強い武器防具=強い特技や呪文が手に入ってしまうのならば、このゲームがウォークという名を冠する意味がないのではとまで思ってしまう。

 ちなみに、第2章に入ってから雑魚敵すら強くて辛い状況に陥るのは、2章からはこのこころの装備と武器防具強化をしなければダメだというバランスになっているのに、これらの要素に1章の時点では気づかない(1章は使わなくてもクリアできる程度の難易度)からだと思う。ちゃんとこの2点を1章の段階でチュートリアルに組み込んでほしい。

 

 いろいろと書いたが、ゲームの感触としては悪くない。でなければ二日で37,000歩も歩かない。さらにブラッシュアップされた正式版を楽しみにしている。

7 Billion Humans

adventar.org

これはプログラマーにオススメしたいゲーム紹介 Advent Calendar 2018の11日目の記事です。

 

プログラマーにオススメしたいと言うと、7 Billion Humansというゲームが真っ先に思いつきます。

内容はざっくり言ってプログラミングパズルです。

公式サイトはこちら。

tomorrowcorporation.com

日本語版はSteamとNintendo Switchで配信されてます。Steam版はWin、MacLinuxマルチプラットフォーム対応です。お値段は1500円くらい。

インディーズのゲームですが、プログラマなら多分がっつりやり込んで遊べます。

公式サイトだけ見てもあまりよく分からないだろうから、もうちょっと説明します。

このゲームには社員というユニットがいて、片付けるべき仕事があります。なので、社員にプログラムを仕込んで仕事を片付けさせるのです。

面白いのが、社員は複数いるのに使えるプログラムは一つだけ、というところです。全ての社員に同じプログラムを使って彼らを連携させて仕事を片付けさせる必要があります。

難易度はあくまでパズルレベルではあります。問題を解くだけなら。

しかし、このゲームには最短のコードと最速のコードを目指すモードがついてます。

これがなかなか一筋縄ではいきません。

ゲーム内で正解したコードはオンラインで集計されていて、コードの長さやコードの速さの分布図が見れる様にもなってます。

これを見て、こんなに速いコードを書いてる人がいる!?とびっくりするのもまた一興。自分以上に速いコードはないぜ!ってところまでやり込むのもまたアリ。

ちなみにこのゲーム、コーディング自体はビジュアルでやる訳ですが、プログラムの一部分をコピーしてペーストするという機能が付いていないところが残念です。

コピーするならプログラム全部、そしてペーストする先は3つのノートのうちのどれかに限定されているのです。

でも裏技があって、プログラム全体をコピーして一旦ゲームから抜けて、適当なエディタにペーストするとテキスト形式の独自言語(だと思う)のプログラムがペーストされるのです。それを適度に編集してコピーして、ゲーム中に戻ってからペーストを選択するとビジュアルのインターフェースを無視したプログラミングができます。

このゲーム、前述の通り問題を解くだけなら難しくないです。

でも、最短行のコード、最速のコードを目指すとなかなか歯ごたえがあります。

家に帰ってからもプログラミングをして遊びたい!

そんなプログラマさんにオススメのゲームです。

iTunesでファイルをコピーせずにライブラリを新規に再構築する方法

突然ですがiTunesが立ち上がらなくなりました。iTunesフォルダの中にあるiTunes Libraryをみるとファイル作成日が2015年くらいとありえない日付になっていて、これが壊れたことは確定しました。

なので、iTunesのライブラリを新規に作って再構築する必要があるのですが、普通にやろうとするとiTunesの音楽ファイルを全てコピーする必要があり、ディスク的にも時間的にも無駄です。

そこで、音楽ファイルをコピーすることなくライブラリを新規に再構築する手法を考えて試してみました。

結果は成功。50GB近いファイルが10分前後で回復しました。

ちなみにこの手法ではプレイリストや再生回数の情報は全て失われるのでそれが嫌な人は他の手を考えてください。でも、iTunes Libraryが壊れた時点でそれらの回復は絶望的だとは思いますが……。

以下、方法です。

  1.  ミュージックの下にあるiTunesフォルダをiTunesOLDにリネーム
  2. 必要があれば、iTunesOLD/iTunes Media/Musicの中のファイルを綺麗にする。例えば、重複ファイルが出来上がってしまっていたら削除しとくとか。
  3. optionを押しながらiTunesのアイコンをクリックして立ち上げる
  4. するとライブラリをどうするか聞かれるので、ライブラリの新規作成を選んだのち、ミュージックの中(iTunesOLDがあるフォルダのはず)にiTunesと言う名前のライブラリを作る。
  5. それだけやったら一旦iTunesを閉じる
  6. iTunesOLD/iTunes Media/MusicをiTunes/iTunes Media/の下に移動(移動であってコピーじゃないのでむっちゃ速い)
  7. 普通にiTunesを立ち上げる
  8. 環境設定>詳細>ライブラリへの追加時にファイルを"iTunes Media"にコピーのチェックを外す
  9. ファイル>ライブラリへ追加で、iTunes/iTunes Media/Musicを選択
  10. 後は待つだけで綺麗なライブラリが手に入ります。ここでもコピーをしていないので、めっちゃ速いです。

私はこの方法でうまくいきましたが、あくまでも自己責任でお願いします。

今年買ってよかったものベスト3

普段はあまりこう言う記事は書かないんですけど、今年はなんかそんなテンションなので今年買ってよかったもの記事を書きます。

第3位 BOSKA イージーチーズグレーター

f:id:KZE:20181206211808j:plain

今年の私はなんかカルボナーラにハマってしまったのですが、そうなると材料の粉チーズにもこだわりたくなるわけで。

そんなわけで、粉チーズを作るのにいい感じのチーズおろしを探していて見つけたのがコレ。写真じゃちょっとわかりづらいけど、下の方に受け皿がついてまして、せっかくおろしたチーズを飛び散らせない&ちゃんと容器に注ぎこめるという点が気に入って買いました。

実際その通りの活躍をしてくれて、おいしいカルボナーラを楽しんでいます。

コレは買ってよかった……☆

 

第2位 iPad Pro 10.5 & Apple Pencil(第一世代)

f:id:KZE:20181206211955j:plain

コレ本当にいいです。今年新型が出ちゃったけど、買ったのは5月くらいのことなので十分新型感を楽しみました。

で、iPad Proでお絵描きをするのですが、1から完成にまで持っていくのは無理だろうと侮っていたらそんなことなかったです。ちゃんと気合いを入れたらその気合いに答えてくれます。作例はコレ。

www.pixiv.net

だいたい12時間ほどでこのくらいはいけるみたいです。

お絵かきツールとしては本当にいいですが、ペンの充電が難点。充電しながら描けないのが残念です。

でも、買ってよかった……!

第1位 popIn Aladdin

f:id:KZE:20181206212131j:plain

今年買ってよかったもの1位はダントツでこれです!天井につけられるシーリングライト兼オンラインプロジェクター!

詳しいレビューは

kze.hatenadiary.jp

に書きましたが、現在はコレに加えてNetflixAmazon Primeも見れるようになりました。

そう、この商品の凄いところは買ったところで完成形ではなく、常にネットワークを通して性能がアップデートされていくところなのです。

あとはゲーム画面が映せるようになったらなぁと夢を見るのがやめられません。

popIn Aladdinが届いて1週間使ってみたレビュー

kze.hatenadiary.jp

 

 今年5月に先行予約で買ったpopIn Aladdinですが、1週間ほど前に届きまして、この1週間使い倒してみました。そのレビューを今回書きたいと思います。

 

結論:最高です

 今年本当に買ってよかったものNo.1です。スクリーンの前からなかなか離れられません。

 以下、詳細です。

我が家のニーズ

 まず、我が家にはテレビはありませんでした。テレビ番組を見る時はnasneを使ってPS3経由でPCディスプレイに映すか、iPadtorneアプリで視聴していました。

 でも、大きな映像で見たいよね…。

 だけどでっかいテレビは置き場所がなかなかないし、子供も小さいので画面を割ったり倒れてきたりとかの事故が怖いなぁと思っていて、じゃあプロジェクターがいいのかもと思ったりもしたのですが設置とか難しそうだし、子供がいじるのが怖い問題は何も解決しない、と思案していました。

 そこに天井設置できるプロジェクター、popIn Aladdinの情報が舞い込んできたのです。

popIn Aladdinでテレビは観れるのか?

 popIn Aladdin + α があれば観れます。うちでは+ αはnaneでした。

 popIn Aladdinでテレビを見るには、DIXIM PLAY for popIn Aladdinというアプリから家のネットワークにあるデジタルレコーダーにアクセスをして、ライブチューナーという項目を選択する必要があります。

 概要はこちら

aladdin.popin.cc

 対応している機器のリストはこちら>接続確認済み機器>popIn Aladdin版

www.digion.com

 うちではデジタルレコーダーがたまたまnasneでしたが、リンク先を見ていただければわかるようにディーガやAQUOSなどにも対応しています。

 NECLaVieの一部も含むかなり幅広い機器に対応していますので、ご自分がお持ちのデジタルレコーダーをご確認ください。

 ちなみにこのDIXIM PLAY for popIn Aladdinは有料アプリですが、2018年12月31日までにpopIn Aladdin本体を購入したユーザには無償で提供されます。テレビ機能が気になっている方はご注意ください。

 そしてテレビ機能ですが、うちの無線LANが最新の11acでないせいか、時々再生中にバッファリングが入り一時停止してしまいます。30分に一回あるかないかぐらいなのですが。ここは環境を改善していかねばと思っています。

録画は観れるのか

 録画についても状況はテレビとほぼ同じです。ただ、録画についてはデジタルレコーダーに加えてNASのものが再生できる場合があります。上記の対応機器に録画が再生できるNASについても書いてあるので、ご参照いただければ幸いです。

ゲームは映せるのか

 これについては現状我が家では無理です。うちにあるゲーム機はPS3だけですが、これの映像をpopIn Aladdinに映す方法がありません。

 今後のアップデートで何とか方法ができないかどうか願っているところです。

iOSゲームなら大画面でできる

 今のところ、popIn AladdinはiOSの画面ミラーリングに対応しているので、これでiPhone / iPadの画面をpopIn Aladdinに投影すれば大画面で遊べます。

 まぁ、iOSゲームは手元のタッチパネルを見ながらの操作になるので、あまりこれのメリットは感じませんが、でもゲーム内のムービーを大画面で見れるのはいいなぁと思いました。

アプリの使い勝手

Youtube

 普通に使えます。検索する時はマイクを使った音声検索が割と認識がいいのでそれで。アーティストの公式ライブ動画などを見ていますが、音飛び、映像飛びなどなく快適に視聴しています。

 間に入るCMも5秒すぎたら決定ボタンで飛ばせるのでストレスにはなりません。

AbemaTV

 popIn Aladdinに入っているからという理由で何となく身始めたのですが、独自のニュース番組など民放にも劣らない感じがします。

 あと便利だと思ったのが「あとで観る」機能です。その名の通りの機能なのですが、番組の放送中にpopIn Aladdinの前にいなくてもいいので助かります。

スクリーンセーバ?

 popIn Aladdinのホーム画面で30秒ほど放置していると、スクリーンセーバモードみたいなものに入ります。

 時計が表示されたりするのですが、面白いのが流れてくるニュース。普通の社会ニュースもあるのですが独特なガジェットについてのニュースもそこそこ流れてきて、まぁpopIn Aladdinを買ってしまった我が家なので面白く見ています。

 このニュースだけのアプリとかもあればいいのに、と思います。

その他

 うちではあまり使っていませんが、その他のアプリとしてTEDやspotifyなどもあります。

 でも、個人的にはAmazon prime videoなどが充実してくれると嬉しいなぁと思います。

無線スピーカーとして

 スピーカーの音質は悪くないです。でも、iPhoneからAirPlayで音を飛ばしていると10分に1回くらいという結構な頻度で音が途切れます。なんでだ?

プロジェクターとして

静音性

 もともと寝室に置くことを前提とした商品だけあって、これはプロジェクターとしてはかなりいいのではないでしょうか?寝る前の本当に静かな時にわずかに駆動音が聞こえるのと、起動する時にやや音が聞こえますが、それ以外では駆動音は全く気になりません。

 オフィスとかで使うプロジェクターがかなりうるさいのと比べると本当に静かです。

画面の綺麗さ

 これはさすがに大型テレビの方に軍配が上がります。けれども、無線LANで飛ばせる程度の画質の映像を流すには十分だと思います。

 部屋が明るくてもちゃんと見れるのが嬉しいです。

設置の簡単さ

 設置はものすごく簡単です。天井に手が届けば女性一人でも十分可能な範囲かと。というか私は届いてから夫の帰りを待てず一人で設置しました。

 重さ4.9kgとあまり重くないので大丈夫でした。

セッティングの細かいところ

 台形補正がついているのですが、これ賢いです。投影角度が自動で台形補正に適用されて、さらにそこから細かい調整ができます。

 映像のピントを合わせる時もピント合わせ用の画面がちゃんとあり、それを見てピント合わせの作業ができます。

もう一度結論

 色々書きましたが、やっぱり最高だと思います、この商品。我が家にテレビ革命が起こっただけでも買った価値は十分にありました。

 詳細な情報が出ないうちに先行予約しましたが、本当に正解でした。

f:id:KZE:20181021104923j:plain

 

文字を紡いだ航海図

私が文字を紡ぐとき、自分が今いる場所を探す。自分が向いている方角を探す。

止まったままではわからない。文字を紡いで動いて回る。

それは気付き。

紡いだ文字が見せる、私だけの地図。

向かいたい場所に向け、舵を切り直す。

そう、私には行きたい場所がある。

文字は私の帆に吹く風。文字は私の航海士。文字は私の羅針盤

文字を紡いで行く先は、今よりも何かが良いところ。

そうして残った文字が示す、私の船の航海図。

車を買うこと、その思い入れ

 かつて田舎暮らしをしていた頃、必要に迫られて車を買ったことがある。

 車を買うということは、私に大きな変化をもたらした。

 まず、車の車種に詳しくなった。

 それまで友達の車に乗せてもらいながら、友達があの車種は何だとかあの車種は珍しいとか言うのを聞いて、さっぱりわからんな、どの車も似たようなもんじゃないか、などと思っていたが、それがあのフィットは最新型だとかシャア専用オーリスだカッコいいー!とかぐらいは思うようになった。

 それもそのはずだ。車といえば100万200万の買い物だ。買う前にそれなりにあれこれ調べる。ウェブサイトを見たり車雑誌を買ったり。本屋に行っても車のコーナーをじっくり眺めるようになる。その結果、主要な車種を見分けるくらいはできるようになった。

 そしてこれは自分でも予想していなかった変化だったが、自分の車への思い入れができた。

 半年近くかけあれこれ調べ、試乗したりレンタカーで借りたりしてあれこれ乗り比べながら検討した結果、私はスズキのスイフトを買うことにした。

 買う頃にはすっかりスイフトのファンになっていて、乗り始めてからはこの個性的なテクノロジーを搭載した車がますます好きになった。

 私がスイフトを買ったのは6年くらい前だ。その頃のスイフトはエネチャージという、回生エネルギーをバッテリーに溜めはするがそれはアクセサリに回して車の駆動には使わないというエコシステムを採用していた。

 実は、スイフトを検討し始める前はハイブリッド車を買うつもりでいた。エネルギーの効率利用をするテクノロジー、その結果の燃費などに心惹かれていたのだ。

 そして検討の最後にレンタカーで目的の車種を借りて一日中乗り回してみたのだが、その結果は意外なものだった。

 そのハイブリッド車はエンジンとモーターの入れ替わりがあまりに静かで音などではまったく気がつかないのだが、アクセルの踏み込み具合と出るスピードに差が出ることがわかったのだ。同じだけアクセルを踏み込んでるはずなのに、気がついたら速度が変わっている。その乗り心地が車に乗りなれない私には怖く感じられ、結局ハイブリッド車を止めることにしたのだ。

 その後、ガソリン車で燃費が良いものに絞り始め、候補に上がったのがスイフトだった。スイフトには前述のエネチャージがあり、回生エネルギーをモーターに回すハイブリッドを止めた身には、それをバッテリーの充電にのみ使うというコンセプトがシンプルで好ましく感じられた。

 それに加えて好きだったのはエコクールというシステムだ。

 これは車のアイドリングストップをすると冷房が止まってしまうという問題点を解決するために考案された、非常に画期的な発想のシステムだ。

 エアコンの出口に保冷剤を仕込んでおく。それだけ。

 こうすることで冷房が効いている間は保冷剤を冷やし、アイドリングストップで冷房が止まると保冷剤に冷やされた空気が出てくるという、とてもローテクだがハイアイディアのシステムで、それもすっかり気に入っていた。

 正直、車を買うことを考え始めた頃はこんなに車が好きになるなんて想像もしていなかった。

 もちろん乗り始めてからはもっとスイフトが好きになった。もっと言うなら、スズキという会社も好きになった。

 私の父は日産乗りだったが、なぜ何度車を買い替えても日産だったのか、その気持ちがわかった気がした。

 車を買ってからは毎日のように車に乗って、通勤したり買い物に行ったりしていた。

 特に一人で車に乗るのが好きだった。その時間は、間違いなく私一人だけの時間だった。音楽を聴きながら、余計なことは考えずに運転に集中する。そして何処へでも行けると思える。そんな時間が何より好きだった。

 しかし結婚して上京するときに、車を持つことの費用対効果が悪くなり車を手放す決心をした。今から4年ほど前の話だ。

 私のあの白いスイフト。6年前に買った車だけれど、もしかしたら何かあってもう廃車になってるかもしれない。

 でも、あの白いスイフトが今でも誰かに可愛がられていることを心から祈っている。

 そして今日も街を走るスイフトに目を止めながら、あの車ではないかと思っているのだ。