Bamboo Sketchでお絵描きレビュー

 今日、溜まっていたヨドバシポイントを活用してBamboo Sketchを衝動買いしました。で、手持ちのiPad Airでクリスタを使い早速お絵描きしてみたのですが、ちょっと実用には難しかったです。というわけで、以前買ったT90chi+13Q41と比べてレビューしてみようと思います。 使っているソフトはWin版とiOS版という違いはあるものの、両方クリスタです。

f:id:KZE:20180511231041j:plain
f:id:KZE:20180511231021j:plain
6日のはT90chi、11日のはiPadAir

 まず気になるのが、iPad AirとBamboo Sketchの組み合わせだとパームリジェクションが効かないと言うことです。T90chiは効くのに。なので、画面に手を置きつつ絵を描くには手袋が必須となります。これも当然完璧ではなく、結構な頻度で線が引けなかったり明後日の方向に線が引かれるということを体感することになります。辛い。

 次に気になるのが、細かいストロークの線が引けないということです。体感で2ミリ以下のストロークは線が描けません。これは結構致命的。また、細かいところを波線でつぶすということも無理でした。実際にペンを動かしていても線が追随しないのです。なので、T90chiの方では絵の拡大縮小はほぼせずに全体を見ながら描けるものが、iPad Airの方だと目元口元などは拡大しないとろくに描けませんでした。鼻の斜線もちゃんと引けてないのですが、ここは拡大してまで斜線を引くのもちょっとあれだったので、ちゃんと引けてない状態のものを残してあります。

 びっくりしたのが絵を描き終えてから日付とIDを入れようとしたときですが、全体表示をしてから書こうとすると8の字が書けないのです。小さい字だと丸が二つ繋がった形がちゃんと書けず、逆三角形みたいな形になってしまう。仕方がないのでこれも拡大してから書き直しました。

 また、ホバー表示(ペンを画面に近づけるだけでカーソルを出す機能)にも対応していませんでした。

 あと描き心地。Bamboo Sketchはペン先がわずかに沈むように作られているのですが、これが邪魔をして短めのストロークをつなげて描く描き方には全く向きません。筆圧のかけ具合も邪魔をされる感じがします。描き心地ははっきり悪い。13Q41の方はカツカツとした硬い描き心地ですが、下手に柔らかいよりはずっといいです。

 というわけで、Bamboo Sketchでお絵描きは向かないということが分かりました。ペン入れはする気にもなりません。

 どうしてもiPadでお絵描きしたいならApple Pencilと対応iPadがいいのでしょう。それならそもそもペンの検出方式からして別物なので、Bamboo Sketchのようなガッカリ感はないはず。

 結論としては、そろそろ買い替えをして新型iPadApple Pencilが欲しいなぁ、というものになります。T90chiも悪くないんだけどね。